【酒買取り】高く売れるのはどんなお酒??

市場にあまり流通していないお酒

皆さんは普段、どんな場所でお酒を購入していますか?
コンビニやスーパー、ドラッグストア、酒屋だけでなく、最近はネット販売も増え、私たちの身近な場所で簡単に購入できるようになりました。

お金さえ払えば簡単に手に入るビールやワインは工場で大量生産されている物も多く、価格も手頃。
手軽に買えるお酒は希少性が低いため、買取をお願いしても高額査定が期待出来ないのが実情です。

反対に高く売れるお酒の第一条件は、市場にあまり流通していないこと。
人気があり販売されると多くの方が購入するような人気銘柄は、次々に売れてしまうため、市場になかなか流れて来ません。
そのような人気銘柄は買取価格が高く設定されています。

また限定生産品で100本限り、購入希望者殺到で抽選でなければ購入出来ない、蔵元まで行かないと買えないなどの理由で市場に殆ど流通していないお酒もあります。
希少性が高いうえに人気があれば「少々高値がついても是非買いたい」と言う方が必ず出てきますので、自然に買い取り価格も吊り上がるもの。

お酒を高値で買い取ってもらいたいなら、希少性と人気のあるお酒を狙うべきです。

定価の高いお酒

もともと定価の高いお酒は高く買い取ってもらえる傾向にありますが、安いお酒は買い取ってもらえないか、もしくは買取りが実現しても数百円程度の査定額にしかなりません。

定価が高いという事は、期間限定や数量限定品、特殊な製法により醸造された特別商品、特別なグラス(付属品)が付いているなど必ず理由があります。
高く買い取ってもらえるかどうかはまず、その商品の定価を調べてみること。
元値が10万円、20万円の高額商品であれば高値も十分期待出来ます。

流通量が少ないお酒

定価の高い商品と同じ理屈ですが、期間限定品や数量限定品は元々製造数に限りがあり流通量そのものが少ない傾向にあります。
希少価値が高く人気のあるお酒は奪い合いになりますので、少々高いお金を払ってでも手に入れたいと思う方が増えるのは当然ですね。

ビールなど大量生産できるお酒とは違って、小規模な設備で細々とお酒を作り続けている蔵元は急に生産量を2倍、3倍にする事は出来ません。
また、ワインなどは葡萄が主な原材料なので出来が天候に左右されやすく、流通量が多い年と少ない年、品質の良い年とそうでない年など一定にはなりません。

このように大量に醸造出来ない蔵元のお酒は注目が集まると一気に価格が高騰し、買取価格も跳ね上がります。流通量の少ないお酒は狙い目なのです。