買取に出す前にお酒の種類を知ろう!【醸造酒編】

醸造酒とは

醸造酒とは、酵母の力で果実や穀物をアルコール発酵させた物。
代表的なものに葡萄から作られるワイン、大麦を主な原料として醸造されるビール、白米をアルコール発酵させた清酒(日本酒)などがあります。
どれも日本人には馴染みのあるお酒ですね。他にも林檎から作られる林檎酒(シードル)や、もち米から作られる紹興酒などがあります。

葡萄や林檎は元々糖分が含まれており、酵母が葡萄や林檎に付着すれば、酵母はエネルギーを得るために糖分をアルコールと炭酸ガスに分解し始めます。
醸造中のワインや葡萄酒からは泡が発生するのですが、泡は炭酸ガスと言う事になりますね。このような発酵は糖分を単純に発酵させるため「単発酵」と呼ばれます。

発酵にも「単発酵」「複発酵」「平行複発酵」の3つの種類があるのです。それぞれどんな違いがあるのでしょうか?

単発酵酒

前述したように、果物に酵母が付着すると酵母は果物に含まれる糖分をアルコールと炭酸ガスに分解し、そこからエネルギーを得て活動します。
果物には糖分が含まれているので、そのまま放置すれば自然にアルコールが発生して葡萄酒の出来上がり。
葡萄の表面には酵母が付着しているため、実を潰して果汁を絞り放置していれば勝手に葡萄酒になってしまうのです。

もちろん市販されている葡萄酒は確実に発酵させるため、培養された酵母を人の手で投入しています。
商品として葡萄酒やシードルを醸造している事業所は衛生面にもかなり気を遣っており、安心して飲めるお酒を醸造しています。

葡萄酒作りは非常に簡単なのですが、醸造の許可を持たない方がアルコール度数1%以上のお酒を作ると酒税法に抵触し、処罰の対象になりますので十分な注意が必要です。

複発酵種

葡萄や林檎、バナナには糖分が含まれており、酵母を付着させれば確実に発酵します。
ところがビールや日本酒の原料となる米や大麦などは穀類であり、デンプンが主成分。
そのまま酵母を付着させれば自然発酵するものではありません。そこで必要になってくるのが、麦芽酵母や麹と呼ばれる酵母です。

これら酵母がデンプンを糖へと分解し、その糖分を発酵させてアルコールへと変えていきます。
日本酒も同じように、米の中のデンプンを麹菌が分解し糖化、その糖分を発酵させて日本酒を醸造していきます。

この時、糖化と醸造を別々の工程で一つ一つ進行されるのが「複発酵」と呼ばれ、ビールがその代表となります。
糖化と醸造を平行して行う事を「平行複発酵」と呼び、日本酒はこちらの醸造方法となります。
日本酒の場合、同じ樽の中でデンプンが糖に分解され、さらに糖がアルコールへと発酵するため味わいはまろやかでフルーティー、そして芳醇な香りを楽しむ事が出来るのです。

ここで紹介したワイン(葡萄酒)、ビール、日本酒は三大醸造酒と呼ばれています。

関連記事:ワインの種類と豆知識 日本酒の種類と豆知識

醸造酒に該当するお酒

糖分を酵母により発酵させた醸造酒に分類されるのは、三大発酵種であるワイン、ビール、日本酒。
その他にも、馬乳を原料とした馬乳酒、もち米を原料とする紹興酒、林檎が原料のシードルなどが該当します。

アルコール度数を高める蒸留の過程を経ていないため、アルコール度数が低く飲みやすいのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + nine =