知っておけば安心!お酒の買取の流れ

お酒買取には一定の流れがあり、ある程度頭に入れておけば「この先どうなるの?」と不安になる事はありません。
ここでは、お酒を売るまでの流れについてご紹介します。

査定をしてもらう

お酒の買い取りを希望する場合、最初にしなければならないのはお酒の査定です。

査定は1社だけではなく、同時に2~3社お願いすると一番高く買い取りしてくれそうな業者が分かります。
オンライン査定、LINEを使った査定、店舗への持ち込み査定、ファックスによる査定などの方法があるため、一番利用しやすいものを選びましょう。

ラベルがボロボロで判別出来ない時は画像を添付して依頼出来るオンライン査定やLINE査定がおすすめ。
買取希望のお酒が少なく、すぐに査定額が知りたい時は電話査定が一番。
基本的に24時間以内に査定額が判明しますので、金額を比較して買取業者を選びます。

この時、休日などの理由もなく24時間を超えて返事が来ない場合は、担当者がいい加減な買取業者かもしれません。
しっかりした説明がない場合は買取をお願いしない方が無難です。

関連記事:さまざまなお酒の査定方法について

買取方法を選択する

査定額に納得出来たら、次はいよいよお酒の買取をしてもらいましょう。買取方法は店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類です。
業者によっては出張買取が出来ない(専用車両を保有していない等)ケースもありますし、店舗を持たない買取業者では店頭買取は出来ません。事前に買取方法を良く確認しておいてください。
やお店と自宅とが遠い方は宅配買取が便利ですし、買い取ってもらいたいお酒が大量にある場合は出張買取の方が便利。
利用者の状況によって使い分けるのが一番です。

関連記事:買取り手段は主に3つ!お酒の買取方法をご紹介

商品の代金が支払われる

お酒が買取り業者に渡ったら、いよいよ本査定に入ります。査定時には分からなかったボトルの傷や品質劣化などが発見されると、査定額が下がる可能性も。
1万円の査定がついていても、実際にお酒をチェックすると買取金額が数千円ダウン…なんてことも十分あり得ます。

もし本査定額に納得出来ない時は業者に連絡すればOK。
お酒は業者から持ち主の元に返却されます。この時、送料を持ち主が負担しなければならないケースもあるため、事前にチェックしておきましょう。

もし本査定額に納得出来たら「売却します」と電話やメール、LINEで連絡すればOK。買取金額が確定すれば、あらかじめ指定した銀行口座や郵便局の口座に代金がすぐに振り込まれます。
店頭買取や出張買取の場合は、その場で現金支払いが基本。要らないお酒をすぐにお金に代えられるのはとても有難いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − eighteen =