リキュールの種類と豆知識

リキュールの歴史

リキュールは基本的に蒸留酒(ブランデーやウイスキーなど)に砂糖を加えたり植物を漬け込む、香りを付けるなど人の手を加えて作り出したお酒です。
蒸留酒以外のワイン、ビールなどの醸造酒に砂糖や香料、植物の葉を漬け込むなどした物は正式にはリキュールとは呼びません。
例を挙げると赤ワインに砂糖やスライスしたオレンジなどを加えたサングリアは、リキュールの分類ではなくフレーバードワインの分類になります。

リキュールは、始めはお酒として楽しむ物ではありませんでした。
混成酒の始まりは13世紀、錬金術師兼医師のアルノード・ヴィルヌーブとその弟子が考案した物が最初の混成酒として記録に残っています。
蒸留酒にオレンジやローズ、レモンなどの果物のエキスを加えて出来た混成酒(リキュール)は、その後、ヨーロッパでペストが猛威を振るった時期に貴重な薬として使わていました。
今で言うところの薬用養命酒のような物でしょうか。気軽に飲める娯楽やリラクゼーションのためのお酒ではなく、実は薬酒の一種だったのです。

その後、15世紀になるとブランデーに薔薇の香りを付けたところ「女性にも飲みやすい」と大変好評で、薬酒としてのリキュールではなくリラクゼーションや気分高揚、娯楽のためのリキュールが支持され始めたのです。

確かに女性にとって、アルコール度数の非常に高い(40度前後)ブランデーはやや飲みにくいですよね。薔薇の香りを付けたり砂糖を加えるなどするとグッと飲みやすくなります。
15世紀は大航海時代となり、世界中から珍しい香辛料や果物などがヨーロッパに渡ってくるようになり、ますますリキュール作りが盛んになりました。

日本にヨーロッパのリキュールがいつ頃入ってきたかについては諸説あり、ハッキリした事は分かっていません。文献上では嘉永6年に日本にやって来たペリー提督が、マラスキーノを献上した事が記録として残っています。

今では梅酒や酎ハイなど多くのリキュールがお酒屋さんやスーパー、コンビニなどで売られておりたくさんの方々に愛され、親しまれていますね。

リキュールの製造方法

日本だけではなく世界中に多くのリキュールがありますが、その中でもAmasonでのリキュール売り上げNo.1の商品が「カルーアコーヒーリキュール」です。
このリキュールの製造工程を見てみましょう。
コーヒーリキュールはメキシコにあるベラクルス州が故郷。良質なコーヒー豆とサトウキビが収穫出来る土地柄で、このコーヒー豆とサトウキビをベースにして生産されています。

アラビカ種のコーヒー豆を焙煎してコーヒーを淹れてまずはコーヒー完成。
次にサトウキビに酵母菌や水を加えて発酵、蒸留させて既定のアルコール度数になると樽で貯蔵させます。サトウキビを使った蒸留酒がベースになっているわけですね。
蒸留酒とコーヒーを混ぜてコーヒーリキュールが完成します。

他にもブランデーやウイスキー、ジンなどの蒸留酒をベースにした多種多様なリキュールが作られています。

リキュールの種類

蒸留酒をベースにして、薬草や香草、果汁、果皮、ナッツやその種子、クリームやヨーグルトなどを加えた物が生産されています。アイリッシュ・ミストやカンパリなどは、薬草や香草を混ぜたリキュール、スロージンやキュラソー、クレーム・ド・カシスは果物の果皮や果汁を加えた物、コーヒーリキュールやアマレットはナッツや種子系のリキュールです。

日本で人気の梅酒はその他リキュールに分類されますし、チューハイや第三のビールもリキュールの扱いなんですよ。

関連記事:梅酒の種類と豆知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + one =