焼酎の種類と豆知識

焼酎の歴史

居酒屋で「お酒頂戴」と言えば清酒が出てくるのが一般的かと思いますが、九州ではスナックや居酒屋で「お酒頂戴」と言うといきなり焼酎が出てきます。
それくらい九州人にとって馴染みのある焼酎。
焼酎の蔵元もかなり多く、蔵元見学ツアーや蔵元でしか手に入らないレア焼酎も一部で販売されています。

焼酎の起源については、実ははっきりとした記録が残されていません。
ただワインやビールのように紀元前8000年前から作られていた、と言うような非常に古いお酒でないのは確かです。
焼酎に近い蒸留酒は11世紀にタイを中心とした東南アジアや中近東で作られており、その技術が中国から琉球、そして南九州へと伝播していったと考えられています。

九州に焼酎文化が根付いているのは、中国~琉球(沖縄)~南九州へその製造方法が伝わってきたからなのですね。
ただ焼酎の原料となる米は非常に高価で、なかなか庶民には手が出ないお酒でした。そんな状況を変えたのがサツマイモです。

サツマイモはお米とは違い、水田ではなく痩せた土地でも十分栽培出来た事から一気に栽培面積が拡大。
鹿児島ではサツマイモの栽培が推奨され、焼酎の原料としても利用されるようになりました。
「芋焼酎」は鹿児島県の土地に合っていたわけですね。

今では芋焼酎だけではなく、麦焼酎、玄米焼酎、黒糖焼酎、泡盛など様々な種類があり、素材が変わると味わいもがらりと変わってきます。

焼酎の製造方法

焼酎には甲種と乙種の2種類がありますが、ここでは乙類(単式蒸溜器使用)の作り方を簡単にまとめてみましょう。
まず米や大麦などに麹菌を付着させて麹を作り、さらに焼酎酵母と水を加えて発酵させる事で一次もろみが完成。
この一次もろみに主原料である芋や大麦などを蒸して加え、さらに発酵させます。これが二次もろみになります。

発酵が終わると単式蒸溜器で蒸留し、熟成させて完成。紙パックや瓶に詰めてパッケージングされると出荷されます。
焼酎を熟成させる以外にも、他の原酒を混ぜ合わせるなどして味の調整も行うようです。

焼酎の種類

前述したように、焼酎の種類には大きくわけて甲類と乙類があります。
甲類だから高級、乙類だから品質が悪いという事はなく、製法上における分類であり、価格や風味、人気に直接関係あるものではありません。

甲類は連続蒸留機による蒸留の工程を経て、アルコール度数は36%未満。
純度の高いアルコールを水で薄めたもので、さっぱりした口当たりですが、素材の旨味や甘みなどは少ないのが特徴です。
乙類は単式蒸留機による蒸留でアルコール度数は45%以下の焼酎。昔ながらの製法で作られているため、素材(芋や麦、米など)の旨味や甘み、風味が生きています。

乙類の方が伝統的な手法により生産される焼酎であるため「本格焼酎」と銘打たれて販売されています。
沖縄の焼酎は「泡盛」として販売されており、他の焼酎と差別化されているのです。
もし素材の味わいや旨味を味わいたいのであれば、乙類(本格焼酎)の方が向いているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 6 =