買取り手段は主に3つ!お酒の買取方法をご紹介

宅配買取

お酒の買い取り手段はいくつかあります。
まず、買取り業者に自分の売りたいお酒を配送する「宅配買取」です。
買い取って欲しいお酒を段ボールに詰め、身分証(運転免許証など)のコピーや買取依頼書などを同封し緩衝材を仕込んで梱包。
あとは指定された買取業者に連絡して引き取ってもらうだけ。
着払いでお店が送料を負担するため利用者は配送料を支払う必要もなく、かなり経済的です。

お店と自宅が遠すぎてお店まで行けない方はもちろん、忙しくてお店の営業時間内に査定や買取に行けない方、貴重なお酒なので業者に配送を頼みたい方なども利用可能。
ただし一度に数十本単位でお酒の買い取りを希望される場合、梱包作業がかなり大変になります。

大量にお酒の在庫を抱えている業者の方は、出張買取を利用する方が何かと便利です。

持ち込み買取

自宅がお店の近くにあるなら、直接お酒を持ち込んで査定&買取してもらう事も出来ます。
この方法の良い点は、お店のスタッフの対応やお酒に関する知識の有無、査定の速さなどを直に観察出来る事。
都市部では買取業者が多いため、複数のお店を回って一番高い査定額を提示してくれたお店に買取を依頼したり、一番親身になって話を聞いてくれた業者を選ぶなど、選択肢が増えるのがメリット。

ただしお酒の持ち込み時(運搬時)にボトルが割れる、中身が漏れる、ボトルに傷が入る、ボトルを紛失するなどのトラブルが起きても一切保証はありません。
1本数万円~数十万円するような高額商品を持ち込む際は、取り扱いに十分注意しましょう。

出張買取

元々お酒屋さんを経営していた、飲食店を経営していた、人からお酒を大量に譲り受けた…。このような理由でお酒が大量に手元にある場合は、出張買取を選びましょう。
業者が直接車を運転して自宅や倉庫、お店まで買取に来てくれるので、わざわざ持ち込む必要はありません。

その場で買い取り額が確定しますし、金額に納得できたら契約成立。
支払いはその場で現金なので「お金がもらえなかった」などのトラブルもありません。
ただしこの方法は誰でもお願い出来るものではなく、ある程度お酒の本数がないと難しいもの。

事前にファックスやオンライン査定でリストを作り、本数や買い取ってもらいたいお酒の内訳を連絡しておかないと動いてもらえません。
お酒の本数が多くても、多くが賞味期限切れのビールや日本酒では買取不可になる事もあります。心配な方は事前に電話等で問い合わせておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − 9 =